国内旅行に格安航空券を購入して乗ったこと

早割りが使えない時期の旅行の計画で格安航空を利用

私は国内旅行に格安航空を利用しました。
従来からある大手の航空会社のマイルをためていて、いつもはそのマイルがたまった時に特典航空券と交換して旅行に出かけるのですが、まだ貯まっていない時や2か月前の最安値で早割制度が使えない時に旅行の計画をした時に格安航空に乗ってみたのです。
その航空会社のホームページから格安航空券を購入した時、大手の航空会社と異なるのは座席指定と荷物を預けることが有料だったことです。
複数回利用しましたが一人で乗るといは特に座席指定は不要だったものの、家族と乗るときは有料でも座席が指定できるのでよかったです。
格安航空はたくさんありますが、私が利用した格安航空はその中でも単独でターミナルを持っている航空会社で、バスでそちらに向かうシステムになってます。

ターミナルに到着すると、まず機械でチェックインをして、中に入っていきました。
プレハブのような建物ですが、そのターミナルの中には売店や飲食店もあり特に不自由することもなく待ち時間を過ごせました。
しかしそのようなtころでもやはり利用者はたくさんいて、出発時刻が近づくにつれ人が増えてきて、だんだん館内が厚くなってきたのを憶えています。
出発間近になってようやくアナウンスがあり、飛行機に搭乗できるようになりましたが、誰でも行けるのではなく窓側の席の人から並んで、団体旅行のようにスタッフに搭乗口まで連れていってもらいました。

早割りが使えない時期の旅行の計画で格安航空を利用タラップを利用した搭乗などが新鮮有料オプションを利用しても安くて問題無く旅行できた